即日ローンならここがオススメ!

返済期間が長いほどかかる利息も大きくなる

利息は借入金額に応じてつけられます。金額が大きくなるほど、金利は低くなっていき、その負担も抑えられるのが一般的です。

ただ金利が下がって返済における利息の割合が小さくなっても、借りたお金が多ければ返すお金も多くなるので、特別返済が楽になるということはありません。手に付けられないほどに利息が膨らんでしまうのを、防げるというだけです。

利息の負担を和らげたいのなら、返済を速やかに終わらせてしまうのが一番です。利息は返済を続ける限り、払い続けなければならないものですから、手っ取り早く返済を済ませてしまった方が、積み重なる利息額も小さく抑えられます。お金のやりくりなく行える余裕のある返済は、ペースとしては楽なものですが、結果として多くの利息を払うことになりかねません。

利息を払いたくないからといって、懐事情を考えずにハイペースで返済を行ってしまうと、途中で息切れして月の基本返済が追いつかなくなり、かえって滞納の危険を招くことにもなったりします。決められた返済を果たせなければ、罰金の要求を受けることもありますから、くれぐれも無理は禁物です。できる範囲での速やかな返済に努め、最低限の利息を払うのみの完済を目指していくのが、賢いやり方です。


このページの先頭へ